相続税の税務調査ガイド 相続税お尋ね、遺言書作成、相続手続きについて

相続税の税務調査について把握しておきましょう。

忘れた事に相続税の税務調査が来る

いつ頃に相続税の税務調査が来るのか気になっている人も多い様ですが、相続税の税務調査が来るのは申告を行ってから数年以内という場合が多く、忘れた頃にやって来るという事もある様です。

いきなり人が家に押しかけてくるのではなくて、相続税の税務調査は事前に連絡があるそうです。

相続税の税務調査において申告漏れが発覚するケースというのは非常に多い様ですので、念には念を入れて確認をする様にしたいですね。

相続税の税務調査における所要時間については早い場合であれば、その日の午前中に開始してその日中に終了する事もあるみたいですね。来たらどうしようと恐れるのではなく、いつ来てもいい様な状態にしておく事が何より重要でしょう。

相続手続きの不備や意図的な相続税逃れの指摘による追徴課税は大きな負担となりますので注意してください。

いつでも相続を相談できる司法書士

平日は仕事をしているので、休日しか休みがなく相続の相談を司法書士に持ち掛けたいけれど、実際にはなかなか難しいと感じている人もいるのではないでしょうか。

近頃では、司法書士事務所も利用しやすい様に夜間の営業や土日の営業を行っている事もあります。休みの間を利用して相続の相談をしたいですね。自分の時間をゆっくりと取れる時に司法書士に事務所を訪れるのもいいでしょう。

相続については重要な問題ですので、焦って行うのではなく、じっくり着手したいですね。

いつでも相続を相談できる司法書士は多忙なサラリーマンにとってありがたいですね。相続について司法書士に相談するなら事前予約を必要とする事もあります。

相続人同士の遺産相続トラブルを避けるために

相続人同士の遺産相続トラブルは何もテレビドラマの中だけの話ではなく、現実にも起こり得ることです。 遺産相続における無用なトラブルを避けるためにも生前の元気なうちに遺言書を残しておくことをお勧めします。

とはいえ遺言書を有効に残すにはいくつかハードルがあり、記載方法を誤ると無効になってしまう可能性もあります。また、「遺留分」と呼ばれる相続人に認められている遺産を最低限の割合相続できるという権利も存在し、これを侵害する内容の遺言を残してしまうとかえって遺族が負担を強いられ、トラブルの原因になってしまう可能性もあります。これらのことから作成を検討する際には専門家に相談することが一番でしょう。