相続税の税務調査ガイド 相続税お尋ね、遺言書作成、相続手続きについて

相続税の税務調査について把握しておきましょう。

相続税お尋ねや控除については弁護士に相談すると良い

弁護士は数多くの法令について知識を持っています。そのため、法律についての悩みがある場合には相談すると良いです。相続税お尋ねや控除についても同様です。相続した場合には相続税がかかりますが、場合によっては控除をすることで納めるべき勢が安くなります。

しかし、税法は細かい条文が多く、通達についての知識も実務では重要であるため、一般人にはわからないことも多いです。そのため、悪気がなくても追徴や重加算税を課せられる可能性も否定できません。

そのため、相続税お尋ねが送られてきた場合には、税についての知識に詳しい弁護士に相談して、適切なアドバイスをもらい、不利益を避けるようにしましょう。

相続税のお尋ねの書類は弁護士と共に

高額な相続が行われたという情報を税務署がキャッチしている場合には、相続税のお尋ねの書類が送られてくる事もあります。相続税のお尋ねの書類は書いて提出しないといけませんが、書き方が分からないなどという事もあるかもしれないですね。

その場合には、相続税お尋ねの書類の書類を弁護士の所に持って行って、弁護士に相談しながら仕上げる事もできます。弁護士はスペシャリストと言えるでしょう。相続税のお尋ねの書類を受け取った人の中には、その後の税務調査が不安な人もいる様ですが、書類の書き方と同時に調査の立ち合いについて弁護士に依頼するのもいいでしょう。

相続税のお尋ねの書類は弁護士に手伝ってもらって完成度が高い状態で提出したいですね。