相続税の税務調査ガイド 相続税お尋ね、遺言書作成、相続手続きについて

相続税の税務調査について把握しておきましょう。

遺産分割協議が未成立でも税金の納付は必要

相続税は被相続人がなくなったことを知った日から10ヶ月以内に申告して税金を納めなければなりません。もし遺産分割協議が成立していないとしても、この期限に変更はないので期限内に納税しなければ延滞税や無申告加算税が課されるので注意が必要です。

遺産分割協議が未成立でも法定相続分を相続したものとして納税することもできますが、協議成立後に修正申告や更正請求の手続きが必要になります。また、配偶者に対する税額軽減や小規模宅地についての課税価格の低減などの優遇・特例措置の恩恵が受けられなくなるので、申告期限内に遺産分割協議をさせるようにしましょう。

遺産分割協議と相続分の内訳について

遺産分割協議書には相続分を事細かく記載しておくことによって、様々な紛争のリスクを回避することができます。 最近では、遺産分割協議の利点について、数多くのメディアでピックアップされることがありますが、早期に対応をするために、便利なツールを活用することが良いでしょう。

一般的に、遺産分割協議の進め方に関しては、初心者にとってすぐに理解をすることが難しいことが分かっています。 そこで、お互いの相続分をしっかりと確認するために、弁護士や司法書士などのプロフェッショナルから助言を受けることがとてもオススメです。

遺産分割協議の相続争いを終わらせる方法

遺産分割協議の際に特に大きな問題になるのが相続争いの発生です。 相続の対象となる財産が高額なほど、相続人の数が多いほど争いが生まれることは多く、また残念なことではありますが、そういった状況にある場合は仲の良かった兄弟姉妹ですら相手を恨み合うことすらあるほどです。

では遺産分割協議を巡って相続争いが生じた場合の対応としては何が良いのかと言うと、まずは弁護士に任せること、次いで遺産分割を調停で行うことです。 弁護士は法律の見地から本来あるべき遺産分割のあり方をアドバイスしてくれるでしょうし、弁護士さえいれば最悪の場合、裁判所での調停によって結論を出すことが可能です。

もし調停でも結論が出せなければ裁判所の審判を受けることもできますから、弁護士は争いが生じた段階ですぐに探すのがベストです。 もちろん一番良いのはそもそも争いに発展しないことなのですが、現実にはそうもいかない部分がありますから、遺産分割協議を行う際には「弁護士に頼る」という方法を必ず覚えておきましょう。

遺産分割協議と登記簿謄本の取得方法

遺産分割協議の方法を正しく理解するためには、ある程度のテクニックが必要となりますが、前もって登記簿謄本を取得することによって、経済的なトラブルの発生を抑えることができます。

最近では、実績のある弁護士や司法書士が在籍している事務所の選び方に注目をしている人が増えてきており、様々なリスクを回避するために、常日ごろから便利な情報を得ることが良いでしょう。 また、遺産分割協議のメリットやデメリットについて迷っていることがあれば、同じような立場の消費者の感想をチェックすることで、すぐに役立つ知識を得ることが可能です。

遺産分割協議の申立をしよう

遺産分割協議の申立をする際には、多額のコストが発生することがあるため、優秀なスタッフが在籍している法律事務所に助言を求めることがおすすめです。 また、遺産分割協議の内容をまとめるためには、高度なテクニックが必要となりますが、短期間のうちにトラブルに対処をするために、色々なタイプの人の意見を聞き入れることが大事です。

一般的に、遺産分割協議の申立の期間の長さについては、それぞれの相続額の大きさによって、大きな違いが出ることがあります。 そこで、熟練のスタッフに対応を任せることによって、何時でも落ち着いて行動をすることが可能となります。