相続税の税務調査ガイド 相続税お尋ね、遺言書作成、相続手続きについて

相続税の税務調査について把握しておきましょう。

相続税税務調査に関して弁護士に相談しましょう

相続税税務調査に関して不安を抱えている方は弁護士に相談しましょう。相続税は、財産評価や計算することが複雑で難しいため、専門家に相談しないで作成した申告書については間違いが多く、申告漏れの確率が高いので、税務署は厳しく審査をします。

そのため記入の際には注意しなければいけないことがたくさんあります。税務署は申告書の他にも、いろいろな事柄を税務調査の対象にしています。

弁護士事務所ではこのような注意点をすべてクリアできるように専門家が丁寧に作成してくれます。後々のことを考えれば、自分で作成するよりも相談する方が賢明でしょう。

税務調査で調べられる相続税

法人税などに対しても税務調査が行われる事があるのと同時に、相続税に対しても行われています。

法人税の税務調査は、会社を経営していないと関係ないという人も多いと思いますが、相続税の税務調査では、多くの人が対象になってしまいます。

相続税の税務調査と言えば、人事と言えない人も多いだろうと思います。
また、相続税については税務調査が来る事が多いと聞いた事があります。

相続税の税務調査が行われた後には、問題なければいいですが、追徴になってしまうという事もあります。ですので、いつ調査が入っても大丈夫な様にしておく事が好ましいでしょう。そうすれば、過度に恐れたり不安になったりする必要もないでしょう。

相続税税務調査の結果が出るまでと弁護士の役割

相続は、多額の資産を引き継ぐものこともありますから、そこにかかる税金の額も高額です。 税務署は、そんな相続税の申告漏れがないようにと、申告書が提出された後に調査をすることがあります。 それが相続税税務調査です。

どのようなことを調査するのかというと、まず、故人や遺族の銀行口座などを調べて不審なお金の動きがないのか、ということを確認していきます。 この段階はかなりの時間をかけるので、細かいミスも発見されやすいです。

それがおわれば、次は直接相続人を調査し始めます。 個人的な情報から、お金をどのように事に使っているのか、といったことを質問していき、申告漏れの可能性を探っていくのです。 その後弁護士がいる場合には税務署の職員は弁護士との話し合いをして、調査の終了や相続税の修正と言った結果を導きだすのです。