相続税の税務調査ガイド 相続税お尋ね、遺言書作成、相続手続きについて

相続税の税務調査について把握しておきましょう。

相続税における税務調査が入る確率の高い人

税務署は相続税における税務調査を行う人を決定する際に、どの様な基準で選んでいるのでしょうか。それを知り得る事はできませんが、調べてみると大まかな傾向の様なものがあるみたいです。

必ずではありませんが、相続税の税務調査が入りやすい確率の高い人の特徴として、資産がたくさんある人が挙げられます。

確かに、納税額も大きいと予想されます。そして、あらかじめ税務署が可能な範囲で把握している資産より申告している金額が大幅に低いなどという場合にも、相続税の税務調査となりやすい事もあります。

他には、申告書は提出したけれど、ミスなど矛盾する点が多いなどという場合には、相続税の税務調査が高い確率で入りやすいそうです。

相続税における税務調査は、突然自分が対象になってしまう事もありますので、戸惑う事がない様に用意をしておく事が大事です。

相続税の税務調査に向けて税理士相談

ついうっかりしてしまっていてミスで深刻されていない遺産が税務調査の時に出てきたら、追徴となります。相続税の対応は税理士に依頼する事を選択する人が多く、書類を提出する際に税理士のサインがあると、信用も高まるかもしれません。

税理士は多くの相続税の税務調査において対応していますので、慣れている事も多いでしょう。

相続税を払う人すべてに税務調査となってしまう分けではありませんが、税務調査の有無は私たちには分かりません。

相続税において追徴となってしまった時の事を考えると、税務調査に向けて税理士相談を行い、手続きを終えているといいでしょう。相続税が発生しそうだという人は、早速対応する様にしたいですね。