相続税の税務調査ガイド 相続税お尋ね、遺言書作成、相続手続きについて

相続税の税務調査について把握しておきましょう。

早すぎる事はない遺言書の作成

まだこの年齢だから大丈夫だろう、と遺言書の作成を後回しにしている人もいるのではないでしょうか。遺言書の作成はいつまでに行わないといけない、という決まりはないので、また今度という事になってしまいがちです。

しかし、遺言書の作成は早すぎるという事はないだろうと思われます。遺言書の作成を早く行っておけば、後は不安に思う事もありません。残される家族の事について不安に思う必要もなく過ごせます。

一度、遺言書作成を行っても、後から内容に修正を加える事もできます。ですので、後で気が変わったらどうしようという事で心配する必要はありません。やはり、自分が元気な間に行っておくという事が求められます。

遺言書作成の情報について

自分が遺言書作成の際にどの様な内容を記載したかという事は、自分だけが把握している場合もありますが、自分の他にも証人が必要になる遺言書作成においては、証人が把握する事になります。

証人が他の人に情報漏えいをするという可能性も考えられます。遺言書作成の際に記載した内容を秘密にしたい、他に漏らされたくないという場合には、証人を必要としない方法で遺言書作成を行うという事もできます。

しかし、秘密にしても、相続人が勝手に書き換えをするという可能性も否定はできないかと思います。また、遺言書作成をする際に下書きやメモをするなどした場合には、ゴミから家族に知られるという可能性も考えられます。

遺言書作成は自分で筆記して行う

遺言書作成には、公正証書遺言など、第三者が作成にかかわるものもありますが、一般的に用いられるものは、自筆証書遺言です。これは、遺言書を筆記で作成し、署名、押印をしたものです。

ポイントは、自筆でなければならないという点です。パソコンやワープロ印字は、たとえ自分で入力していたとしても、筆跡が明らかにならないので認められていません。また、押印がなければ、いくらそのほかの要件が整っていたとしても、有効な遺言書とはならないので注意を要します。そのほか、遺留分を侵害する内容であった場合も、その限りで効果が発生しないので注意してください。