相続税の税務調査ガイド 相続税お尋ね、遺言書作成、相続手続きについて

相続税の税務調査について把握しておきましょう。

遺言書作成にはさまざまな自由がある

遺言書とは、遺言者の意志を尊重するためにあるものですから、遺言書作成にあたっては、遺言者にさまざまな自由が保証されています。まず、遺言書を作成するもしないも遺言者の自由です。

また、作成した遺言書をいつでも書き換えたり、破棄したりできます。遺言書では、遺言者の最終遺志が尊重されます。内容も、なにをどう書いてもかまいません。法律に抵触する内容については、その部分だけ無効とされます。遺言書に書いた財産などを、生前に自分で違った形に処分してもいっこうにかまいません。生前の行動は、遺言書に制限されることは一切ありません。

遺言書作成を終えた後について

たとえ遺言書作成が完成しても、安心する事はできないと思います。というのも遺言書作成ができても保管をきちんとできていない場合には、知らない間に処分したりする恐れも考えられるからです。

遺言書作成を終えた後の保管についてですが、自筆の遺言書作成の場合には自分で責任を持って保管しないといけません。しかし、公正証書遺言において遺言書作成を行った場合には、公証役場が原本を保管する事になります。

ですので、万が一自分が紛失する様な事が発生したとしても安心ですね。物の管理が苦手な人など、保管について自信がないという人は、公正証書遺言を選んでおくといいかもしれませんね。また改変される可能性もないでしょう。